反復練習支援装置
『鬼越(おにごえ)』
(フットワーク・レベルアップ・マシーン)
特許取得 patent No.5425838
オニゴエ
(品番ONIGOE-Basic)
オニゴエ・ミニ
(品番Onigoe-Mini)
オニゴエベーシック 売価:98,000円+税 (\105,840税込) ・・・バドミントン、テニス、バスケットなど球技対応
3tRF仕様装置 売価:105.000+税 (\113,400税込)・・・柔道など格闘技対応 2014年6月発売
野球素振り付き仕様装置 売価:115,000円+税 (\124,200税込)・・・野球の素振りモードを  Onigoe Basic English Virsion \110,000
オニゴエMini基本装置 売価:70,000円+税 (\75.600税込) ・・・バドミントン対応 2016年1月発売
オニゴエMini機能アップ版 売価:80,000円+税 (\86,400税込)...
オニゴエ6
(品番onigoe6)
オニゴエ6 定価399,600円・・・2016年7月発売
 --------------------------------------------------------
onigoe-basic  (Nusa Mahsuri, Malaysia, 2011)
onigoe-basic (2012)
onigoe-basic (izuan Ibrahim 2012)
onigoe-basic (2012)
onigoe-basic JF mode (車イスバド)
onigoe-basic (選手選考会 2012)
onigoe-basic (藤本ホセマリ講習会2012)
onigoe-basic JF mode (テニス,2013)
onigoe-basic (TV program, 2014)
Onigoe-mini (Banthongyord, Thai, 2016)
Onigoe-mini (Kelantan Malaysia. 2016)
Onigoe6 (5/7/2016)
Onigoe6 (30/12/2016)
オニゴエによるフットワークスピードの数値化は、練習の励みとスピードアップに最適。フェイントは、実践的動きの習得と瞬発力の強化に最適!
商品ご購入は:
ネットでの注文はここ
または メールで akira_hamanaka@yahoo.co.jp

販売元:
〒792-0025 愛媛県新居浜市一宮町2-2-43
 ラケットショップハマナカ新居浜店
電話: 0897-34-9191
Fax:  0897-64-9994
担当者携帯: 090-3788-5076
メール   akira_hamanaka@yahoo.co.jp 

(注:ラケットショップハマナカ松山店は本店ですが、オニゴエは新居浜店の担当となっています。)


How to get Onigoe Mini from oversea
オニゴエ・レンタルについて
オニゴエベーシック、オニゴエmini、オニゴエ6のレンタルできます。
試してみてから、購入を考えてください。
選手、子供たちにうけること間違いなしです。 
オニゴエレンタル実施中

  オニゴエ・ポスター 
  Onigoe Basic 取り扱い説明書 
  onigoe-Basic 取扱説明動画 (youtube)(ラケットショップハマナカ新居浜店長)
  How to get Onigoe from oversea
  Onigoe-Basic Onigoe-Basic Manual in English
  Onigoe Mini オニゴエmini (小鬼越) 取扱説明書
  Onigoe Mini Onigoe-Mini Manual in English
  Onigoe6 オニゴエ6マニュアル
  Bank accout for transfer from oversea
  記録用紙例 (プリントアウトしてお使いください)
  オニゴエ記録手帳 
  記録の目安(この記録を目標に頑張りましょう) 
  オニゴエ効果推薦のおことば紹介 (pdfファイル) 
  オニゴエ君0号のオニゴエのお話し(トレーニング理論、方法など) 

オニゴエ君facebook 
ラケットショップハマナカ (発売元です)
バドネットに積極的に宣伝掲載

  オニゴエの広がり方 2015年
  オニゴエの広がり方 2014年
  オニゴエの広がり方 2013年
  オニゴエの広がり方 2012年

 販売元:
〒792-0025 愛媛県新居浜市一宮町2-2-43
ラケットショップハマナカ新居浜店
        担当者 新居浜店 浜中彰 0897-34-9191 090-3788-5076
発案から製品化まで 
 【きっかけ】 マレーシアのプロチーム『ヌサ・マハスリ』(ミスボン・シデク主宰)の練習をDVDで観察していると、そのフットワークのテンポとリズムの違いを発見した。
 ご存知のようにミスボン・シデクは現在の世界チャンピオン リー・チョンウェイのコーチである。それ以前にもラシド・シデク(全英単2位)、ロスリン・ハシム(ジャパンオープン単優勝)、ハフィズ・ハシム(全英単優勝)など世界のトップ選手を数多く育てている。彼らのフットワークをいかにして自分のものにしていくか、フットワークのレベルアップをいかにして有効に行うのかと考えはじめたのが、鬼越(ONIGOE)開発のきっかけとなったのである。

 【データ収集と製作】まずは、最もシンプルな試作一号機を作成し、愛知県、島根県、愛媛県の三県のトッププレイヤーからジュニアまで様々な階層の選手たちのフットワークの数値データを収集し、感想も記録していった。フェイント機能は、前出のマレーシアバドミントンプロチーム(ヌサ・マハスリ)コーチの絶妙なフェイントを数値化し、プログラム、ハード開発を試行錯誤繰り返し、改良に改良を重ね、試作機は成長を遂げていった。
 さらに、マレーシア選手のフットワークの速さを測定、数値化した。<そのスピードの違いを数値で確認した時の驚きは今も隠せない。圧巻!であった>そのスピードの違いに驚き、世界チャンピオン リー・チョンウェイの動きにも対応でき、さらに彼の記録も伸ばせるように、改良を加えた。そして、完成したのが鬼越(ONIGOE)マシーンである。

 【最終チェックと監修】 完成した試作マシーンを携え、2011年5月16日〜21日マレーシアを訪れた。ミスボン・シデク監視のもと、ナショナルチーム選手のフットワークのデータ収集と機械の最終仕様調整を行った。最後にミスボン・シデクにここまでで2年以上に及ぶ開発の経緯を話し、このマシーン「鬼越(ONIGOE)」の忌憚なき評価をお願いした。

 【ミスボン・シデクの反応】 マシーン開発の経緯は以前よりミスボン・シデクに届いており、完成機を見るのを楽しみにしていたようだった。
 ミスボンは、さまざまなフットワークパターンと設定を試してみた。そして、出てくる結果にうなずいていた。選手にとっては、実力が数値に表わされ、弱点がさらけだされることに恐怖を覚え、ミスボンがいつか切れるのではないかとまな板の上の鯉状態だった。
 ミスボンは、機械を停め、開発者の苦労をねぎらい、賛辞をのべてた上で、各レベルでの使用方法とその練習効果などを語り始めた。この機械を使った練習をどのように入れていくかという具体的な使い方まで話し始めた。そして彼が質問したのは市販される価格であった。もう彼の中には鬼越マシーンが練習の中にあり、製品の到着するのをこころまちにしているようだった。
 彼の監修と選手たちの協力に感謝すると共に、製品1号機は2011年9月3日彼の手元に届いたのである。
この機械は何がすごいか?
 この機械は、フェイント機能を搭載したランダムに指示を出すフットワーク強化のための反復練習支援機です。
 バドミントンの強い弱いは、様々な要素があります。精神力、ショット力、スタミナ、試合運びなどなどさまざまです。そして、その中のひとつにフットワークもあります。しかし、ショット力が同じレベル、スタミナが同じレベルの選手と対戦した場合、もしもフットワークだけでも相手より速ければ試合は勝てると思いませんか?周囲にいるライバルたちを見てみてください。自分より強い選手は、意外とフットワークの速さが優っていると思いませんか?動きが速い相手には、ラリーの主導権を握られ、動かされて、自分の実力を発揮できないまま終わっていることが多いのではないですか?あらゆる要素の中で、フットワークが一番大切かもしれません。打つ位置まで移動して初めてショットは成り立ちますから、フットワークはショットするため条件とも言えるからです。
 東南アジアの小国マレーシアは、日本よりは確実に強いバドミントン王国です。その違いは、フットワークのスピードの違いというのも、データでほぼ解りました。
 この機械を使うことにより、あなたはライバルを超えるでしょうし、日本はバドミントン王国マレーシアを超えるかもしれません。そうです。これは、鬼を超える為のフットワーク強化機ONIGOEなのです。

 この機械では、左右のスピード、平均スピードが数値データで表示されます。つまり、選手の真のフットワーク力が数値化されるわけです。すこしでもその数値を上げるために、フットワークに励み、結果的にレベルアップすることになります。

 この機械は、本数、セット数、インターバル間隔など設定できます。フットワークを通してフィットネス効果も期待でき、スタミナ強化にも繋がるのです。
鬼越(ONIGOE)命名の理由
 上のように、強い者を超えるという意味の「鬼を超える」という理由と、もうひとつは、この機械製作者が千葉県市川市鬼越を拠点に動いていたので、この地名を機械に残したかったという理由もあります。

オニゴエをデータで見てみよう
  オニゴエデータ
Copyright (c) 1996-2003 Akira Hamanaka All right reserved